2時間も長く眠れる!育児中に睡眠時間を確保した方法を大公開!

シェアする

突然ですが、育児の最中の睡眠時間って一日に何時間確保できていますか?

きっとこの記事を読んでいる方は、睡眠時間を確保することができなくて悩んでいる方だと思います。

私も育児中は眠れない日々が続いて辛い想いをしてきました。もし、少しでも眠れる時間を増やすことができるのであれば、そうしたいですよね?

そこで今回は、私が実践してきた睡眠時間を増やす方法をご紹介していきたいと思います。

これから紹介する方法を実践すれば最低でも、1日2時間は睡眠時間を増やすことができます。

1日に満足に睡眠をとることができないと悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね。

眠れない原因は授乳時間と睡眠時間

育児中のママたちが眠れない原因を調べたところ、多くの人たちは「3時間ごとに必要な授乳」と「夜中赤ちゃんが泣き出す夜泣き」が原因で寝不足に陥ってしまっています。

それに加え、初めての育児で肉体的にも精神的にも疲れてしまっている状況ですが、眠れないという人も少なくありません。これは、脳が常に緊張状態にあるため、睡眠に必要な「脳が休まるリラックスな環境が整っていない」ことが理由となります。

極度の疲れや不安があると眠れなくなることってありますよね。赤ちゃんを育てている時は、どうしても「この子に何かあったらどうしよう…」「私がしっかりしていなければ、赤ちゃんが生きていけない…」といった緊張感や不安感が押し寄せてくる状態となってしまうため、リラックスが出来ず、睡眠不足になりがちになってしまいます。

そんな、睡眠に対して不安定な状態を改善するためにも、次にご紹介する方法を試してみると良いでしょう。

授乳は「母乳育児」から「ミルク育児」へ

今、あなたはどのような授乳の仕方をしていますか?

睡眠時間が足りないと感じている人は「完全母乳育児」をしているのではないでしょうか。産婦人科では、赤ちゃんに栄養や抗体を付けさせるためにも「母乳育児」を推奨していますが、母乳ではママの負担がとても大きいです。

夜中でも3時間ごとに起きておっぱいを吸わせたり、乳首が擦り切れながらでも授乳をしなければならなかったりと苦労することばかりです。

何より、母乳育児は”ママ以外の代わりがいない”ことが負担の原因にもなっています。

それに比べて、「ミルク育児」ならどうでしょうか。

市販のミルクを買ってきて、やり方さえ知っていれば先に生まれたお兄ちゃんやお姉ちゃんに任せることもできますよね。普段、仕事で忙しいパパにも頼んでみれば夜中の授乳をやってくれることでしょう。

また、ミルクは母乳と比べて腹持ちが良いため、赤ちゃんが長い時間寝てくれる事になります。これにより、自分の時間睡眠時間をとることができるようになるというメリットにも繋がるので、私は「ミルク育児」をおすすめしています。

育児で眠れないと悩む人に完全ミルク育児をおすすめしたい3つの理由

⇒授乳時間の削減

赤ちゃんが泣く原因は必ずある

夜泣き

生後3ヶ月ごろになるとママたちを困らせる原因の一つ「夜泣き」が始まります。多くのママたちは赤ちゃんの夜泣きが原因で毎日寝不足になりながらも日々の育児に励んでいますよね。

毎晩、毎晩赤ちゃんの泣き声で起きてしまうのはとても辛いことです。

意思の疎通が出来ない赤ちゃんの気持ちを汲み取ることが、夜泣きをなくす最善の手立てになります。赤ちゃんの不快になる原因の改善や眠りに至りやすい環境を作ってあげることが大切です。

夜泣きには様々な原因があり、多くの場合は赤ちゃんの睡眠環境を整えてあげることで解決できることがほとんどです。以下の記事で紹介しているので参考にしてみてくださいね。

生後3か月から突然泣く原因】赤ちゃんの夜泣き対策

寝かしつけ

赤ちゃんが泣きやむためにも、寝かしつけは大事ですよね。

赤ちゃんの寝かしつけが上手くいかなくて、なかなか眠れないこともあるかと思います。寝かせる時に背中から手を離すと泣き出すので、背中にスイッチがあるのではないかと思うほどです。

寝かしつけがスムーズにできれば、一日のスケジュールが狂うことなく家事をすることができますよね。自分の睡眠時間の確保も調整することができるので、寝かしつけをマスターすることができれば、育児で困ることはだいぶ少なくなります。

以下の記事で寝かしつけのコツを解説しているので、赤ちゃんがなかなか寝てくれない人は参考にしてみてください。

夜中に起きる赤ちゃんを抱っこしないで寝かしつける4つのコツ! 

睡眠の質をよくする

睡眠の質を良くしたことで、短時間での睡眠でも寝不足間が無くなり、ストレスに感じることが少なくなりました。今考えてみても、睡眠不足の時はずっとイライラしっぱなしでいいことなんか無かったと思います。

私の経験上、睡眠は時間ではなく””です。

例え、短い睡眠であっても質の良い睡眠をとることができていれば、起きた時のだるさや身体の疲れが取れている時がほとんどでした。

授乳の関係上、長時間の睡眠はできませんが、私は睡眠方法を「分割睡眠」に変えてみることで解決しました。

睡眠時間が取れない、2,3時間しか眠る時間がないと悩んでいる方は睡眠方法を改善することから始めてみて下さい。今まで取れなかった疲労感や育児でのストレスが嘘のように取れるので試してみる価値はあると思います。

分割睡眠については以下の記事で説明しているので、気になった方は読んでみてくださいね。

時間がないママ必見!育児中に眠れない人は『分割睡眠』を試してみて!

緊張感&不安感が寝不足になるってホント?

私の場合、育児に対して不安に感じることがたくさんありました。1人目の時は特にそうで「おっぱいちゃんと飲んでくれてるのかな」「毎日泣いているけれど、痛いところでもあるのかな」と常に赤ちゃんを心配することばかりで、一日中気が休まるときがありませんでした。

そのせいで、日中はいつも不安感を抱えていて、吐き気や頭痛に悩まされることも…。

他にも、料理をしている時やトイレに行っている時も赤ちゃんを気にしていなければならないため、常に緊張感が張りつめていました。

緊張と不安を抱えた状態でリラックスした状態とは言えず、眠ることが出来ない毎日が続いたこともあります。私のように育児中の睡眠不足で悩まされている人のほとんどの原因が「緊張感」と「不安感」なんです。

睡眠には、最低限の”リラックス”が必要です。

育児では、なかなかリラックスできる状態になりにくいので、睡眠障害に陥ることもあります。しかし、原因がわかっているのなら話は別です。

要は「緊張」と「不安」を無くす努力さえできれば、リラックスできる状態を作り出すことができ、睡眠が取れる環境が整うということです。

育児中の緊張と不安を解決する方法は、以下の記事に書かれているので読んでみてください。

育児中の眠れない原因は緊張感だった!3分で緊張をほぐせる最適な方法

育児中に起きる不安感の原因は?不安障害にならないために行う解消法

おすすめ睡眠グッツ

寝不足を解決したいのなら、睡眠を手助けするアイテムを使うことも重要です。

一般的に睡眠を手助けするためには、市販の睡眠薬や睡眠サプリが有名ですが、育児中ということもあり、赤ちゃんに影響が出ないか心配ですよね。

私の場合もそのような心配があったので、たくさん調べて安心できるものを探していた時期がありました。「赤ちゃんに健康に育って欲しいが、その前に自分が倒れてしまっては大変!」という想いがあったのでその時は必死で探していた気がします。

サイト内で紹介している睡眠グッツはどれも私が試してみた代物であり、効果があったものだけを紹介しています。使用してみての感想を含めて紹介しているので睡眠不足で悩んでいる方は、私が一番におすすめしたい以下の商品を試してみてはいかがでしょうか。

⇒これでグッスリ!『北の大地夢しずく』

まとめ

私の場合は、これらの方法を改善することで十分な睡眠時間をとることができました。もし、育児で眠れないと辛い思いをしているようであれば、今回の記事が参考になれば幸いです。

特に睡眠グッズを使うことでだいぶ楽眠れるようになったので、睡眠グッツを色々試してみることをおすすめします。

赤ちゃんの事を考えるのなら、自分の体に負担をかけずに育児をすることも大事ですよ。